HOME > 心理技能について

無料説明会

「雨は好きですか?」

私たちは、「神経」(=五感【視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚】)と、「言語/非言語」の脳での意味づけによって物事を認識し、体験を記憶します。そして、その認識や記憶は今までの体験に基づいて各人の中に「プログラミング」されており、その「プログラミング」のとおりに自動的に反応したり行動しています。

たとえば…、

雨の日に大切な人と別れたら、雨がマイナスのイメージとして記憶され、雨を嫌い、何となく外出を避けるかも知れません。

雨の日に大切な人と出会ったら、雨は肯定的なイメージとして記憶され、雨を好み、何となく外出したくなるかも知れません。

つまり、あらゆる物事に五感による感覚と感情が記憶され、行動に直結しているのです。仕事が好きか嫌いかも、人が好きか嫌いかも、私たちの何もかもが脳のプログラミングによって影響を受けているのです。

そして、それを思い通りに書き換える方法があるとしたら……、 それを知りたいとは思いませんか?  


image24.jpgimage23.jpg

 ※この2つのロゴマークは、世界で最も権威ある認定団体。米国NLP協会のロゴマークであり、正規のNLPトレーナーのみに使用することが許されています。

 

皆様は、心理療法、精神分析、コミュニケーション技法、交渉術(ネゴシエーション)、販売心理学、プロファイリングなど“心理スキル”の最先端である米国において、圧倒的な成果を上げている実践的心理技法があるのをご存知ですか?

脳のオペレーション・マニュアル(脳の取り扱い説明書)”とまで称される、魔術の如き実践心理スキル。

たしかに、はじめて聞いたときは怪しさが漂いますが、しかし…、大国の大統領が学んでいるとか、世界一のコーチが絶賛しているとか、一流のアスリートが取り入れているとか…。

その噂を聞き及ぶにつけても、そのあまりのコマーシャルに、逆に大言壮語過ぎる雰囲気を感じるのも事実でした。私は、常に臨床に身を置く心理療法士です。

アメリカ発の怪しげなスキルに、組織だったメディア戦略によって商業的に広めんとする背景が濃厚であり、実際には学ぶに値しないものであろう。長い間、著名人などによる大々的なコマーシャルに懐疑的にならざるを得なかったのです。

でも、そこまで馬鹿にもできないと思えたのは…
それは、数々の実証があるからです。 
 

戦場から帰還した、深刻なPTSD(外傷後ストレス障害)の兵士達の治療に高い効果があったことが実証されている。
しのぎを削るオリンピックの強化選手チームに取り入れられている。
ビジネス界のカリスマと呼ばれる人々が実践し、計り知れない成果を上げている。
医学界でも認知されている。
脳科学的に見ても整合性がある。
・・・そして、敬愛する心理療法家の先生たちが推奨している。

  「役に立つことは間違いなさそうだ」

 熟考の末、知人達と思い切って講座に参加しました。

その結果、
講座の中で学んだことを翌日のセッションに使い、トラウマを書き換えたこともあります。
消極的な自分を変化させ、数々のセミナーを開催して講師としてデビューしました。
金銭的なブロック(清貧こそが美しい)を外し、経済的な豊かさを得ることが出来ました。
コミュニケーションの向上で、どこに行っても友人が出来、人脈が一気に広がりました。
精神的に満たされ、常に感謝の気持ちを持てています。
自分自身を大切にし、信頼し、愛しています。

私の選択は、大正解だったと思います。

そして、素晴らしいものは、広めたくなります。世の中の役に立つからです。

そして、まずは自分自身に、自分の周囲に使っていただきたいと思います。  

 

【神経言語プログラミング】
N L P(Neuro Linguistic Programming)とは、

それは、“天才”と称される、偉大なる三人のセラピスト(療法家)のコミュニケーション手法にあった…。

1975年、カリフォルニア大学言語学助教授であったジョン・グリンダーと、同大学心理学科に在籍していたリチャード・バンドラーの2人は、当時、圧倒的な成果を挙げていた3人のセラピスト(療法士)たちに注目し、彼らの何が優れているのかを徹底的に研究しました。
その3人とは…・ 催眠療法のミルトン・エリクソン・ ゲシュタルトセラピーのフリッツ・パールズ・ 家族療法のバージニア・サティア

特に、エリクソン博士は天才療法家として有名で、その名の通り、どんな患者でもたやすく催眠状態に誘導し改善させることで有名でした。それは、ごく普通の会話をしているだけのようであり、頑固な抵抗を示す人に対してさえ、その「抵抗しようとする力」を利用して誘導してしまうというスムーズで自然なものでした。彼らが、どれほどセラピーの世界で成果を挙げたか計り知れません。

そして、このように一見魔法のようなセッションも、よく観察してみるときちんとした技法が隠されていました。

そして、エリクソンを初めとして、当時の最も優れたセラピスト達の実際のセッションを観察、分析し、彼らの「言葉遣い」や「言語以外のコミュニケーション」、「無意識の扱い方」を、誰もが活用できるように体系化しました。こうして生まれたのがNLP(神経言語プログラミング)です。


NLPは、もともとアメリカの3人の天才セラピストの言動、コミュニケーション・パターンを基盤としていますが、これに注目したのはむしろビジネス界や各界のリーダー達でした。コミュニケーションを制するものは、圧倒的に有利な立場に立てるからです。

そして、現在の米国では、経営者、弁護士、医師、営業セールスマン、コンサルタント、セラピスト、医療関係者、教育関係者、スポーツマン、エグゼクティブやトップビジネスマンなど、幅広い分野の方にたちに多く学ばれています。

それは、この技術が、非常に実践的なコミュニケーション・スキルとして高く評価されているからに他なりません。

【米国の大統領にまで取り入れられた実績】

実は、かのクリントン元大統領もNLPの教育を受けており、彼の演説にはNLPの手法がふんだんに取り込まれていました。

なぜ、クリントンは、紺のスーツに赤いネクタイだったのか。
なぜ、演説をするときに、会場を左右前後に動いていたのか。
なぜ、キーワードを強調するときに、手を上下に動かしていたのか。
そして、なぜ、自分が政治家として不利なAC(アダルトチルドレン)であることをカミングアウトしたのか。

…そして、現在でも、「彼を嫌うアメリカ人はいない」とまで称されています。
これも、NLPの具体的な成果の一つでしょう。

誰にでも使えて、すぐに実践できる

このスキルは、どのような業界の、どのような分野にも応用が利きます。
そして、だれにでも実践でき、高い効果を得ることが出来ます。

一例ですが、オリンピックや世界選手権に出場するトップアスリートたちが、競技前に一連の決まった行動をしていることに気付きましたか?

あれは、NLPの代表的なスキルのひとつである“アンカリング”を使い、最高の状態を瞬時に作っているのです。

治すこと、教えること、活かすこと、改善すること、伝えること、説得すること、売ること、伸ばすこと
に関わる、全ての分野において応用が出来、現在もコミュニケーションの質が問われる人々から絶大な支持を受けています。 

コミュニケーションは、“第三の価値”である
人間にとっての価値は、三つに分かれます。

第一に健康
第二に財産
そして、第三にコミュニケーション

よく考えてみてください。
人間の行動の背景には、すべからく“心理”が関わっています。そして、それに影響を与えるのがコミュニケーションなのです。

つまり、これを身に付けるということは、相手に心理的理論に則った有効な関わりを行えるということです。
資格だけ取れればいい。

手っ取り早く学びたい。
というニーズにはお応え出来ません。
 
このコースでは、“習いました”ではなく、“使えます”を主眼とします。今まで色々なセミナーに参加したけど、結局使えないものも多い…

そんな声がよく聞かれますが、この講座では、人間の“心理”と“コミュニケーション”という、普遍的な価値を手に入れることが出来ます。

あなたが何らかの組織に属していれば、相手の本心を知り、適切な対応が出来るということ。
あなたが顧客とコミュニケーションをする立場なら、短時間で信頼を築き、それを維持できるということ。

あなたの身近な誰かが、何らかの問題を抱えているとしたら、その問題を解消し、新しい行動に作り直せるということ。

そして、それは自分自身の問題の解消にも使えるということ。

これに勝る価値が、他にあるでしょうか。
賢明なあなたなら、もうお分かりだと思います。歴史の英雄、歴代のリーダー達で、コミュニケーション能力が低かった人物は皆無なのです。

数々の臨床現場で実験され、実証されたNLP

NLP心理療法士コースは、多くの病理レベルの臨床現場で徹底的に磨き上げられた、“現場で使える臨床NLP”です。

重度のトラウマ、○○障害、○○症候群、精神疾患のクライアントに向き合ってきたがゆえに完成された、実践で鍛えられた唯一無二のNLPだと言えます。

実際に、他のコースを受けてきた方からも、「まったく違う!」「こんな風に使えるんですね!」と感嘆の声を頂きます。
1000人を超えるクライアントと共にした血と汗と涙が、これを生み出したのだと思います。

そして、対人援助だけに限らず、ありとあらゆる心理介入に不可欠な“ある重要な要素”が含まれています。

それは、本当の意味での潜在意識の理解であり、本当の意味での潜在意識とのコミュニケーションの方法です。

東京都 Sさん 出版社勤務 30代 女性 
 NLPという分野を理解する為に始めた講座でしたが、勉強というよりも、あまりに楽しすぎて、ただただ遊ぶような感じであっという間に講座が終わってしまいました。
終わって得たものは、自分自身と他人への“別な”まなざしのそそぎ方、自分の感情のコントロールの仕方など、自分や他人に対する色々な種類のコミュニケーション方法であったり、目には見えない感覚を働かせることの大切さでした。いちばん大きかった収穫は、スキルだけでなく、一緒に学びあい、同じ価値観を共有しあえるチームと素晴らしい時間を共有できたことそしてそれが未来にもつながってゆくという喜びでした。近藤先生、クラスメイトの皆さん本当にありがとうございました。この出会いに凄く感謝いたします。 

 東京都 Mさん 会社員 30代 女性 
日々毎日を忙しく過ごしこんなに自分に向き合ったことが考えればなかった気がします。学びながら自分が癒されてとても充実した時間でした。きっと、今後の自分をいろんな形で助けてくれるスキルだと思います。  

 神奈川県 Kさん IT関係 30代 男性
普段の生活、仕事で起きた出来事に左右されて、落ち込んだり悩みすぎることがあった。NLPのスキルを学ぶこと、一緒に受講したメンバーにも恵まれ、取り越し苦労していた時間や体力が無駄だったことを体感できた。悩む前にやってみる。NLPスキルを人生に活かしていきたいと思います。

 各分野、多くの皆様から、高い評価を頂いております。
   image29.jpg
お母さんのための育児NLP講座

  image38.jpg
経営者のための心理カリキュラム

 image33.jpg 
小学校での講演

NLPは、各種の心理療法スキルの集大成ともいえます。

しかし、資格だけ取得しても無意味です。

本当の価値は、実際に使ってみて始めて実感できるのです。そしてあなたは、地域で、会社で、家庭で、そして大切な誰かにとっても、とてつもなく大きな存在感を放つことになるでしょう。あなたは、今までの自分の限界を楽々と越え、自他共に驚嘆することになります。

臨床心理学、セラピースキル、催眠を使いこなし、多くの臨床を重ねた現役のセラピストだから知り得るその要素を、あなたにお伝えしたいと思います。