HOME > 心技会について

心技会について

心技会とは

始まりは、自分自身でした。

突然やってきた、治療が困難な心因性のトラブル・・・。

「何となく、やる気がおきない」
「何事も、楽しめない」
「生きている実感が持てない」

気分障害やうつなどと診断されるかもしれません。
これは、経験者にしか分からないことですが、本当につらくて、毎日が地獄のような苦しみなのです。
その状態が、十年以上も続きました。

藁をもすがるようなある日、ついにそれを激変させる心理スキル(技能)に出会いました。

驚かないで聞いて下さい。

ほんの数回のセッション後、私は
「生きてるって、なんて素晴らしいんだ!」と実感するに至ったのです。

更に驚かないで聞いて下さい。

実は、一回目のセッションで、すでに気分が好転していたのです。

気が弱くて、怠けものでコンプレックスの塊でも、
僕は、これからどんどん良くなる!
誰になんと言われようが、ありのままで素晴らしい人間なんだ!自分らしく、もっと人生を楽しんでも構わないんだ!

その帰り道の京都鴨川の畔で、私は一人泣きました。
魔法が掛ったのか・・・、それとも悪い魔法が解けたのか・・・。

まるで別人のように、こんなに短期間で生き方や思考が変わるなんて・・・。
正直、自分でも驚きました。

・・・でも、こんなに素晴らしいものなのに、なんで知名度が低いのだろう?
心理療法は、何でもっと広がらないのだろう?

理由は3つ挙げられると思います。

  • 1.国家資格や公的な認定ではないという不確定さ(信憑性が低い)
  • 2.保険適用がないために高額。
  • 3.民間資格なので技能にバラつきがあり、上手なプロが少ない。

効果は絶大なのに・・・。
口惜しい思いを抱きつつ、いつしか自分もそのいばらの道を歩きだして
いました。

やがて、心理療法士となった私は、実際の現場で多くのクライアント(来談者)に出逢い、多くを学びました。
そして、培ってきたスキルを伝達する心理の学校を始めました。

草の根的な、地味で細々とした道のりだったかも知れません。
でも、進んでいくうちに、どんな誤解や偏見にも立ち向かえるほど自分の中の確信は強まっていったのです。

“幸せ”や“楽しい”という感覚は、心が生み出している。
それを導く心理技能こそが、これからの時代に必要なものだ。

やがて、思いを同じくする仲間が大勢いることに気付き、私は彼らとの連携を試みました。

「一緒に、心理技能の波を広げていきましょう!」

笑われたり、馬鹿にされたりもしました。
でも、誰かがやらなければならないことがあります。
気付いた時、隣に同士がいました。

そして、長き心理療法の歴史を紐解き、研究、再編成する作業を開始
しました。

精神分析
心理カウンセリング(来談者中心療法)
心理療法(ブリーフセラピー、SA、SFA、フォーカシング、ゲシュタルトセラピー、家族療法、認知行動療法、プレイセラピー)
催眠療法(医療催眠、エリクニアンヒプノセラピー、未来療法、インナーチャイルドセラピー、退行催眠)
NLP(神経言語プログラミング)
カードセラピー
コーチング

伝統的なものから最先端のものまで、良いものは沢山ありましたが、それらを現代的に進化発展させることが求められました。

絶対的なこだわり

徹底してこだわったのは、心理臨床で本当に効果が高いものであること。
科学も、権威も、理論も、著名人が公言することも、実際に結果が出ていなければ無意味です。
あるいは、歴史ある伝統的な大きな流派であっても、改善率が低かったり時間がかかりすぎるのでは現代的とは言えません。

そして、さらに考慮すべきは日常的な生活にも活かせるものであること。
地域で、社会で、仕事でも家庭でも、周囲の人との人間関係で使えて、
即効性があること。

心理技能の役割はとても広く、誰でもが使えてどんな分野にも応用出来ることが求められるからです。

そして、数々のスキルを選りすぐって統合し、10年後も通用する最高レベルのカリキュラムが完成しました。

そんな風にして、公的な機関として認められた団体である、
一般社団法人全国心理技能振興会は誕生しました。

心理教育の広がりを目指して

当会が目指すものは、優れたセラピストに代表される、
卓越した心理技能者の育成と、それらの技能を啓発していくことにあります。

それを達成するためには、志を共にする仲間の存在が必要です。
私たちは、そのためのカリキュラムを準備しました。

いままでどこにもない、心理技能の教育者育成プログラムです。

全国心理技能振興会「心技会」は、多種多様な心理技能の統合を目指し、常に世界の最先端の技能を研究すると共に、その教育啓発活動の主軸となって
普遍的な調和社会牽引の一翼を担うことを目的とします。

人を思いやるがゆえに。
人を愛するがゆえに。
人を尊ぶがゆえに。

人が本来持っている可能性を最大限に活性化し、自信に満ち溢れた健全な精神の獲得と、こうした力による新たな社会の創造に貢献してまいります。

一般社団法人全国心理技能振興会
代表理事 近藤ひかる